マリーナのお客様の釣果を掲載します

22年度版タイラバ5月より
おやっさんの釣果は、本人が写っておりません、鯛のみです。今年は自分なりに裏年なればなんて、思っております。 昨年の5月から10月までのお客様釣果です。ここに載っている画像は全て
65cm以上のものばかりと、写真映りをされていないお客さんが30lおられます。マリーナ開設以来の釣果で供養をしております。
ほとんどタイラバー仕様での釣果です。最高92cm、8,2kgでした。
親子2隻で満喫釣行となった。すでにとっつあんは、湯島沖へ、
8月8日の定休日です。若潮。まあじを釣ってたら、携帯が鳴る。受けタビに入らん。生簀に入らん、エイガンチョかと問うと鯛と返事が、4〜500m離れあわてて息子の船が来る。6,8kg、82cm。納得した。
とっつあんやっぱり、親子に限りますね釣りは(笑)
またまた、とっつあん出演。
実は、今日8月8日(水曜日)マリーナ定休日なのです。我輩と息子と釣行予定です。こころがです、とっつあんは子煩悩なのです、長男さんが8月5日に好釣果、3男さんにもと予約、とっつあんの工場も臨時定休日を作られたみたい。しか〜し、3男さんに7kg級が上がる。
とっつあんの代理出演です。
熊本市の某社工場長、とっつあんも元気もりもり、息子さんも負けじと。7月のとはちゃうちゃうです。8月5日台風5号一過の小潮です。
ぶったまげたまげました。4,1kg双方。
マリーナの他のお客さん達、しばらくはだんまりでした。7月22日のポイントと同じ場所です。
熊本市のとっつあんは、元気もりもり、7月22日。段々夏日が恐ろしくなるのに、粘りに粘ってとうとう、ゲットされまっした。4,9kg。64cm。
湯島沖。
7月22日アジがコンスタントにつれだしました。
6月12日中潮初日。おかあさんやりましたね。5月28日はおとうさんと息子さんの二人組でしたが、すばらしいリベンジ。
とおちゃんに、負けてたまるかい。
福岡県八女郡のK様母子のペアーです。
5月13日おとうさんと大多尾沖にアジ釣りにいきました。
風があり船が揺れて大変でした。でも沢山釣れました。
マリーナのおっちゃんに撮ってもらいました。おとうさんは一生懸命船を洗っています。
宇城市のU君でした。
5月28日中潮。羽千島沖。こちらもスルスル釣りですが、流れの影響でナマリ2〜3号使用。ただし、餌さは本虫だそうです。
ハリス3号でこれ以上の鯛はあきらめるそうです。2,6kgの真鯛に1,5kgのスズキ。
福岡県八女郡のK様親子さんでした。
5月27日小潮。湯島西海岸の沖。俗にゆうスルスル釣り、簡単なつり方である。ナマリなし、ただハリス4号(カーボン)200m巻きの両軸リール。パラパラ撒き餌を撒き、ラインを100〜150mただ出すだけの釣りかたである。1,5kgのチヌ6枚ゲット。
熊本市のS様でした。
5月21日中潮。中神島周辺にて、餌さのハダラを100匹サビキにて早朝ゲットし、湯島沖へ。ただただ流し釣り。
1kg超2枚。ストレス解消の釣りにしては上出来みたいです。
玉名市のM様でした。
お〜い。あじ曽根とは、なんのことかい、ひょっくら顔を出された上田さん。行ったこともなし、釣り方も、仕掛けもまったく未知なお客さん。
4月11日、同行して、大感動、年金族の先輩、此処2〜3日は、近所で釣り談義が〜〜〜〜〜。簡単に5kgは越えております。
大事なお客さんを忘れておりました。マリーナでは、トップクラスの女性アングラーです。女性だからとなめたらあかんぜよ。
元無口で、おしとやかで上品はお嬢さんでしたO会社の専務さん。
なぬ〜???。色気と釣りはまだ、息子には負けぬと、翌週の塩山の父ちゃん。
型は小さいが、ま〜おやじには、負けられない。塩山さん親子
期待を大、大にした夜釣りでしたが?。長崎は島原の海遊丸さんと。
これぞまさしく恵比須顔、川浪グループ
元甲子園優勝高校桜美林の監督浜田。30年ぶりに再会。
現在、有明高校の監督。
桝田さんグループの夜釣り釣果。
おやっさんの夜釣り釣果
おやっさんの釣果
井上さんグループ
福田さんファミリー
5月27日、大潮、一日雨。万全を期して西港の表、国道沿いにて、キス狙い。無難、無難、
良型、3人で、80匹位、超満足にて、帰路につかれました。
光木さん、味をしめて、明日また、再挑戦されます。
福岡は、立花町から遠路はるばる小塩さんご夫婦。 前回は、時化で釣りにならず。早々と帰宅。今回は、昼前よりベタ凪。ハジ竹周りで、きびれチヌ11枚ゲット。奥さんのくやみ、力が無いのでことごとくハジ竹に持っていかれ、くやし〜〜〜〜。
でも、このツーショット羨ましいですね。帰路は、多分釣り談義にルンルン気分だったでしょう。
5月14日、5:20起床。すでに一台駐車場に、寝ぼけ眼でよく見ると、35年ぶりの、県警本部のTさん、わ〜先輩マリーナのおやっさんとは、知らず、なんさま、会をごたった。中体連(剣道)で知り合い高校で先輩、後輩になり、後輩がこんなに立派に出世するとは、感無量。。。
てなことで、午前中の釣果、おすそ分けでてんてこ舞い。
オーナーさんの釣り場回遊、視察、兼ね松島、大矢野、高杢、今回は湯島まで時間が無く、Uターンし、ハジ定置の観察、1隻当たり3〜10枚程度、500〜2000g平均。3月11日中潮13:38干潮。12:00から14:00まで2時間の勝負。7m〜8mの水深。撒きえは、堤防や岩に付いてるカキ、約20kg位を車のタイヤで細かくつぶす。直接じゃなくベニヤ板をかぶせて、軽自動車では軽くてだめ、普通車の前輪が早い。最初はどんぶり一杯を3−4回まき、シモリ3号の棒浮き、竿一本ぐらいで、全然こちらを向かない奴がいます。
至って真面目人間です。五回目にしてやっと初デビュウーすることができました。知り合いに、56cmと上が居ります。腹の中はまだまだですけど、まーワンステップ上げました。ポイントはあえて湯島沖にしておきます。トラブル防止の為。
干潮前から引きにかけて。粘りが肝心です。何枚かは、こっちを向いてくれない大物がいます。3月になると3キロは、確実に居ます。ばらさない様に頑張ります。2月19日の義英丸さんです。
2月11日早朝の不審者の身元、お二人さん前夜から相当ポイントから仕掛けまで研究されたそうです。どうりで気持ちは朝から高ぶっていらしゃったのですね。島原沖メバル狙いが思わぬ高級物ゲット、冷やかしにほんの一部を撮りました。ちなみに、餌は、キビナゴだそうです。今日は、10時ごろから南西の風が出て大変だったろうにも関わらずたいしたもんです。


数字クリックで、次ページに移動
1 2 3 4 5

おやっさんの釣果もご覧ください

肥 後 マ リ ー ナ
TEL・FAX 0964-53-1830  
Coppyright(C)2003-2005 HIGOMARINA Allrights reserved
木下海洋開発株式会社